無料ブログはココログ

« なかなか面白いじゃないか!『特命係長 只野仁 最後の劇場版』 | トップページ | マスクはずしちゃってて大丈夫?『感染列島』 »

2008年12月24日 (水)

良い意味で勿体無い作品『K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝』

やっぱり、映画の題材って重要ですね。
公開週なのに、お客さん少なかったです。観る方はありがたいんですが、勿体無いなぁ。絶対楽しいのにsign01
怪人20面相なんて、久しく聞かなかったキャラクターですから、何となく古臭い気がします。でも、映像は全然古臭いないのですよ。

ある映画に詳しい知人は、ファーストショットや、タイトルショットの出来を観れば、その映画の出来が判ると言っていましたが、そのファーストショットの「帝都」遠景が、とってもグッドsign01
『リターナー』『ALWAYS 三丁目の夕日』の山崎監督が、脚本・VFX協力に加わってるあたりも、これに貢献していそうです。

主演の金城さんも、にやけた諸葛亮(レッドクリフ)なんかより、爽やかで良かったと思います。

見所は、何と言っても「ワイヤーアクション」。
と言っても、ワイヤーを使って、高い所に上ったり降りたりするやつです。そしてその舞台「帝都」は、架空の歴史の中の都市ですが、これもまた、実に良くできていて、見所の1つとなっています。

独特の明智小五郎を演じてくれる仲村トオルさん、嫁役の高島礼子さんの方が色っぽいくせに、松たか子さんの裸を見て鼻血を出してしまう國村隼さん、二十面相にぴったりの鹿賀丈史さんなど、個性的なおじさん俳優さん達も素敵です。

今年私が観たハリウッド映画はどれも、お金がかかっている割に、残念な作品ばかりでしたが、それに比べて、邦画の方が粒揃いでした。この作品も、その良い粒の中の1つです。

<スタッフ>
監督・脚本: 佐藤嗣麻子
エグゼクティブプロデューサー: 阿部秀司 / 奥田誠治
原作: 北村想

<キャスト>
金城武
松たか子
仲村トオル
國村隼
高島礼子
本郷奏多
今井悠貴
益岡徹
鹿賀丈史

スタッフキャスト情報:シネマトゥデイ(http://cinematoday.jp/movie/T0006076)より

複雑過ぎず、家族みんなで楽しめる、そう、「爽やかアクション映画」ですhappy01

« なかなか面白いじゃないか!『特命係長 只野仁 最後の劇場版』 | トップページ | マスクはずしちゃってて大丈夫?『感染列島』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/225201/43507803

この記事へのトラックバック一覧です: 良い意味で勿体無い作品『K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝』:

« なかなか面白いじゃないか!『特命係長 只野仁 最後の劇場版』 | トップページ | マスクはずしちゃってて大丈夫?『感染列島』 »