無料ブログはココログ

« 目がついていけなくなりそう!『スピードレーサー』 | トップページ | 最近のスポーツ報道について »

2008年8月14日 (木)

空中戦が、見事 『スカイ・クロラ』

世界の押井守。
最近の2作品、「イノセンス」「立喰い師列伝」は、正直言って眠くなりました。
今作は、どうでしょうか?
やっぱり、静かでまったりした感じ。
しかし、しょっぱなの、空中戦から魅せてくれました。「空」「迫力」申し分ない出来です。

大体映画というものは、始まってからオープニングタイトルまでに、観客の心を掴むものがあるかどうかで、その作品の良し悪しが決まるものだと思うのですが、見事掴んで頂きました。

特に航空機が、3DCGでありながら、翼に風を受けて飛んでいる感じが抜群に出ています。この空気感。観る価値ありです。

内容的には、ショーとしての戦争の、終わり無き虚しい繰り返しと、その為に生まれてきた、キルドレ(大人にならない戦闘員)たちのやっぱり終わり無き苦悩みたいな、切ない、物悲しい話です。

物語の世界設定が、古めかしかったり、そうでもなかったり、不思議です。
基地内では日本語で、会話しているのに、基地外の景色は、なんかアメリカっぽく、ニュースは英語だったり。
現代の様なコンピューター端末を使ってるのに、飛行機はプロペラ機だったり。古いポルシェに乗っていたり。面白いです。

<スタッフ>
監督:押井守
原作:森博嗣
製作総指揮:石井朋彦
製作:奥田誠治
脚本:伊藤ちひろ
演出:西久保利彦
メカニックデザイン:竹内敦志

<キャスト>
加瀬亮
菊地凛子
谷原章介
栗山千明
山口愛
平川大輔
竹若拓磨
榊原良子
麦人
大塚芳忠
兵藤まこ
安藤麻吹
ひし美ゆり子
西尾由佳理(日本テレビアナウンサー)
竹中直人

今も、世界のどこかで戦争している。これが現実ですが、この物語のような未来が待っているようで怖いです。

« 目がついていけなくなりそう!『スピードレーサー』 | トップページ | 最近のスポーツ報道について »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/225201/42160480

この記事へのトラックバック一覧です: 空中戦が、見事 『スカイ・クロラ』:

« 目がついていけなくなりそう!『スピードレーサー』 | トップページ | 最近のスポーツ報道について »